こころもよう

ものだけでなく思考もシンプルに。おもうことをつづります

それぞれ

ことばも、かんじかたも。 こうどうも、なにをしんじるかも。 みんな、ひとそれぞれ。 ちがっていて、それぞれで、いい。

きづいたら

失ってからきづくこともあるけれど。 ありがたさを忘れてしまうこともあるけれど。 きづいたときにかんしゃすればいい。 ひとは、わすれてしまういきものだから。

すぐそばに

あおぞらのしたをあるけること。 おもいっきりくうきをすえること。 すべてが、しあわせ。 すぐそばに、いままでも、あったんだ。

みつめる

いらいらしたり、くよくよしたり。 こうげきてきなきもちがうかんできたり。 だれにだってある、しぜんなきもち。 むりになくさず、みつめていたら、いい。

さいこうのひ

いきたかったところにいけた。 ずっとほしかったものがてにはいった。 そんなとくべつなことがなくたって。 きっとまいにち、さいこうのひ。

なるべく

てんき、びょうき、たにん。 それから、じぶんのこどもも。 すべて、おもいどおりにならないもの。 おもいわずらわないのが、いい。

やくわり

かおも、せいかくも、みんなちがう。 おなじひとは、いない。 それはきっと、やくわりがちがうから。 みんな、だいじなやくわりをになっている。

しょうじきに

まちがえたなら。 しょうじきにあやまろう。 おこられたって、だいじょうぶ。 だれだって、まちがえるのだから。

もっと

もたなければ、らくになれる。 もとめなければ、もっとらくになれる。 もっともっと、らくになればいい。 そうすれば、もうじゅうぶんだったってきづくから。

ちがい

これ「で」いい。 これ「が」いい。 こんなじぶん「で」いい。 こんなじぶん「が」いい。

ほし

くらやみにうかぶ、ほしたち。 でも、みえていないほしもある。 みえていなくても、ちゃんと、ある。 だれからもみえなくても、かがやいている。

せかい

いいかたひとつで、せかいがかわる。 まわりも、じぶんも。 はじめはちいさなせかいでも。 そのうちきっとひろがっていく。

まよい

いろんなひとがいる。 いろんなじょうほうがある。 だれを、なにを、しんじるのか。 じぶんのこたえをしんじたい。

しるし

はなれていても、あえなくても。 そのひとをおもい、こころがあったかくなるのなら。 それはきっと、つながっているしるし。 こころのなかで、そっと。

おなじ

いつ、どこで、どうなるのか。 さきがみえないとふあんになるけれど。 それはいつでも、だれでも、おなじだから。 こわがりすぎなくて、だいじょうぶ。

スパイラル

じかん、おかね、こころ。 よゆうがないとおもうと、ささくれだつ。 あるとおもえば、よゆうもできる。 せっかくなら、よいスパイラルを。

きめる

どんなきもちですごすのか。 それは、じぶんできめられる。 きめるのかどうかも、じぶんできめられる。 わざわざむしかえさなくてもいい。

うらおもて

だれにだって、なににだって。 おもてがあればうらがある。 どちらかしかみていないこともある。 どちらをみるかは、じぶんしだい。

ただ

ただ、生きていてくれるだけで。 ただ、そばにいてくれるだけで。 それだけで、ほんとうは、ぜいたくなこと。 ありがたいこと。

おもう

じぶんのことばやこうどうは。 おもてにだすと、じぶんのてをはなれる。 そして、いつかじぶんにかえってくる。 みらいのじぶんをおもうことも、ひつよう。

ゆっくり

ゆっくりあるく。 ゆっくり字をかく。 焦っても焦らなくても、あまりかわらない。 ゆっくりやれば気持ちもおちつく。

しんじること

じぶんを、あいてを。 そのままでいいんだということを。 ほかのだれかとくらべるひつようはない。 しんじていれば、それでいい。

すすむ

あさのかぜがすずしくなった。 とてもきもちがいい。 きせつはすすむ。 いったりきたりしながら、でもかくじつに。

かならず

いま、うまくいかないことがあっても。 かたちをかえていつか、かなう。 すべてはつながっているから。 ひつようなときに、かならず。

だきしめる

目のまえのこどもを、だきしめる。 あたたかいきもちになれる。 そのとききっと、じぶんもだきしめている。 そうしてほしかった、こどもの頃のじぶんも。

もと

そのいかりのもとはなにか。 ふあん、あせり、かなしさ、くやしさ。 そのもとにたどりついたなら。 いつかかならずてばなせる。

やりなおし

いつからでも、なんさいでも。 おそいことなんてない。 きづいたときがはじめるとき。 ひつようなのは、ゆうきだけ。

わすれがちなこと

じぶんいがいは、みんなたにん。 かぞくだって、たにん。 たにんは、おもいどおりにはできない。 おもいどおりにできるのは、じぶんだけ。

ゆれる

かこのことをおもいだしてはらがたったり。 そんなのむだだとおちつかせてみたり。 こころはゆれる。 ゆれるのが、こころ。

さいぜん

もし、たいへんだと思うことがおきても。 この先ふあんだなと思うことがおきても。 それは、さいぜんにつながっているから。 その感情もふくめて、さいぜんだから。